猫になりたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜明けの街で/東野圭吾



東野圭吾の作品には、アタリハズレが激しくあると思うのだけど、これは確実にハズレでした。
不倫がメインテーマなんだけど、「結局何が描きたかったんだ??」という読後感。
結婚、というものがとてつもなくひどい代物だ、失敗だと言う主人公たち。
そして、結局、それが覆される瞬間もなく結末。
読みやすいからすらすら読めちゃうけど、なーんかね。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。