猫になりたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでもボクはやってない



フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、就職面接に向かう満員電車で女子中学生から痴漢の容疑をかけられる。身に覚えのない徹平だが、駅事務局に連れて行かれ、そのまま警察署に。無実を訴えるが、まるで相手にされず拘留、ついには起訴されてしまう。


おもしろーーーーい。久々にそう思った映画だった。

面白い、という感想は適さないかも。
とても身に迫るストーリーで、誰にでも起こりうるような話だし、私は女だから徹平の側には立つことはないかもしれないが、被害者の女子中学生や証人となる乗客にはなりうるわけで、概ね実話とも言えるこの映画には本当、ひき込まれてしまった。

徹平の側から観ることになるので、無実の人を有罪にしてしまう日本の裁判制度はおかしいよ、と思うけど、これを被害者の側から観たらやはり全然違うイメージを持つだろう。

もう一回、じっくり観たいなあ~。
加瀬くんについてはいつも自然すぎて「演技が上手だなあ」と感じることはあまりなかったけど、今回も本当にその辺にいそうなリアルさ。
でも、自分が置かれた理不尽な事態に、わらわらと内面から怒る様子やら溜まらなくなってしまう様子が、これが自分の身に降りかかっても同じように感じちゃうだろうなーと思わせて、うまいのだな、と思った。

何から変えていくことが一番いいのか、まるで手が出せない位遠い世界に思えるが、問題意識を持つことだけでも全然違うでしょう。
観た方がいい、と色んな人にオススメしてしまいたい。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

加瀬亮

加瀬亮加瀬 亮(かせ りょう、1974年11月9日 - )は、神奈川県横浜市出身の俳優。ワシントン州シアトル郊外のベルビューで7歳まで育つ。1993年神奈川県立松陽高等学校卒業。中央大学卒。血液型B型。身長174cm。体重57kg。ANORE INC.(アノレ)所属。概要
[続きを読む]

萌の日記 | 2007-03-01 (Thu) 06:20


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。