猫になりたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンバセーションズ



20代前半で出逢い恋に落ちて、短い結婚生活も送った男女(アーロン・エックハートとヘレナ=ボナム・カーター)。男の妹の結婚式で、二人は再会する。女はイギリスに戻り年上の男性と結婚している。男にはダンサーの若い恋人がいる。二人はお互いの心を探りつつ、やはりホテルの部屋に向かう。


なーんてことないストーリーを、画面を2分割して男と女の両方の表情を捉えることで、一風変わった雰囲気の映画にしている。
まず、主演の二人が好きなので観てみたいなーと思い、足を運んだが、やはりちょっと風変わりな映画ということもあって場内ガラガラ。途中で席を立ったおじさんもいた。

でも、私は結構好きだった。最後の画面を一つにしたことで、「二人は結局どうしたのかな?」というクエスチョンを持てるのも面白いと思った。デュアルフレームにしなくても、案外面白く観れるんじゃないかな、なんてことも思ったけど。
37歳ともなるとなんらかの恋愛に関した過去は持っていて、やはりそういう人と付き合うことになった場合、ある程度不倫の覚悟っているんだろうか、、、なんて「24歳のダンサーの恋人」の気持ちを考える31歳の私であった。

無理あるか。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。