猫になりたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星を射る



「キム・サムスン」以来、みたドラマの中では一番好きかな?と思いましたが、ラストに近づくにつれ、いかにも韓ドラチックなノリになってきてちょっと残念。しかし、主人公2人のイチャイチャぶりが、あまりに可愛らしく羨ましく(・・・)そこがほんとに良かったです。

【ストーリー】
30歳の誕生日を迎えたソラ(チョン・ドヨン)は、駆け出しの女優イェリンのマネージャーをしている兄パダと2人暮らし。ソラは兄の思惑で今更予備校に通っているのだが、向上心もなくフラフラと目的もない毎日を送っている。そんな彼女にも恋人がいて、兄の親友で仕事仲間のドフンなのだが、ソラはひたすら彼との結婚を夢見ている。

四人で釜山映画祭に売り込み旅行に出かけた際、ソラはホテルのボーイをしているソンテ(チョ・インソン)と出会う。識字障害を持つ彼は抜群の記憶力でソラたちのピンチを救い、パダの援助でソウルに出てくる。初めはかみ合わないソラとソンテだが、徐々にお互いを意識していく。そんな中、ソラとパダはドフンの裏切りにあう。


インソン、かっこいー。彼とチョン・ドヨンのイチャイチャは本当にお芝居?って位に自然でした。しかし、韓国ドラマお得意の「実は弟だった!」とかいう展開には少々ゲンナリ。結局そっち?と思ってしまったぞ。でも、やはり結末がどうなるのか非常に先が気になって一気観しましたが。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。