猫になりたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木先生



映画版だけど、クレジットは「12」とされていて、ドラマの11話からの続きとして存在しているみたい。

ドラマに大ハマりしたのは1年以上前で特に観返したりはしなかったけど、すんなりとこの不思議な作品に入り込めた。
長谷川博己さんを大画面で初めて見たけど、ほんとにキレイな顔。

私お気に入りの紺野君があんまり登場しなかったのだけど、してたらやっぱり目で追ってしまう。
贔屓の子役さんである。
最後にしっかりとこけてくれて、かなり満足でした。(これ分かる人少なそう)

出水くんの演説、とても良かった。
あんな風に周りの大人に言われて、しっかり切り返せるなんてすごいなー、と単純に感心してしまった。
彼が実際に生徒会長になって、あれやこれや悩んだりするんだろうけど、きっと正しい道を自分なりに見つけて成長していくんだろうなー、と思って嬉しい気分。
あんな子、めんどくさそうだけど(おっと)でも実際に自分の子だったら可愛くてしょうがないだろうな。

映画館でわざわざ観なくてはいけない類の映画ではないのかもしれないけど、今後DVDが出たら何度か観返したいとは思う。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。