猫になりたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めがね



携帯の通じない場所に行きたい、そんな理由で沖縄の離島(多分)にやってきたタエコ(小林聡美)。
ハマダという民宿に泊まる。そこにはオーナー(光石研)がいて、春の間だけ滞在するカキ氷やの女性(もたいまさこ)がいて、近くの小学校で教師をしている女性(市川実日子)が朝食を食べにやってくる。しばらくしてタエコを「先生」と呼ぶ青年(加瀬亮)がやってくる。

「かもめ食堂」の監督さん、キャストも大体一緒。
かもめを映画館で観た時は、あの空気にあんまりのれず、お正月にテレビで再び観たら結構好きで、これはもしかしてテレビサイズが適した映画なのかなー、と思い、ずっと避けてたこの映画にチャレンジしてみた。編み物したり、お菓子食べたり、メールしたりしながらダラダラ観た。

そしたら案外面白かった。

そういう映画ってのもあるんだ、と思った。

以上!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。