猫になりたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メゾン・ド・ヒミコ

mezonnde.jpg


小さな塗装工場で事務員をする沙織(柴崎コウ)の元に、春彦(オダギリジョー)がやってくる。彼は神奈川県にひっそりと存在する、ゲイの老人ホームで仕事をして欲しいと沙織に頼む。そこは「メゾン・ド・ヒミコ」といって、自分は沙織の父親でゲイのヒミコ(田中泯)の恋人だ、と話す。

「ゲイの老人ホーム」「えらく美しい海辺のホームに可愛らしいインテリア」「絵に書いたように面白いゲイの老人たち」

のれれば美しく雰囲気のあるステキな映画、と思えるのだろうが、私はどうにものれなくて、それでイマイチ面白く観れませんでした。
あまり恋愛経験がなくていつもブスーっとしている沙織が、美しい春彦に惹かれていき、でも彼はゲイでしかも父親の恋人。
その春彦も、恋人に死期が迫り尋常でない精神状態で、沙織を愛してみようか、とする。
二人が結局、そうはなれなくて、沙織ちゃんが泣いちゃうシーンなどは何か良かったです。

劇場でその雰囲気に浸りながら観たら、また感想も違ったのでしょうかね。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。