猫になりたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャージの二人



加瀬亮が観たくて猫好きの友人を誘って『グーグーだって猫である』を観に行った、、、はずなんだけど、日程を間違えていたみたい。かかっていたのは”堺雅人特集”であった。

ということでこの映画を観ました。
公開時に原作を読んでいたけど、こんなゆるゆるな(良い意味で)ストーリー、映画になるのかな、と思ってたんだけど。
原作より面白かった。原作にとても忠実な映画化なんだけど、役者がその捉えどころのないゆるゆるストーリーを演じることで何倍も魅力的に感じられた。
堺雅人がピッタリ。他の作品では時々偽善的に感じるあの笑顔が全然出てこない。出てきたのかもしれないけど、一切気にならない。
とても自然で、全然かっこつけてなくて、ほうこういう演技をする人なんだ、いいないいな、と思いました。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。