猫になりたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ、君を愛してる



ずーっと観たかったのだけど、借りに行くといっつも貸し出し中。
ようやく観ました。
普通に面白かった。宮あおいがひたすら可愛い。

大学入学の日に出会った誠人と静流(玉木宏と宮あおい)。使っている塗り薬の臭いがコンプレクスとなって他人とうまく付き合えない誠人だが、発育不全の体で個性的な雰囲気を放つ静流とは自然と仲良くなった。
静流は誠人に恋をするのだが、彼にとって静流は女性として映っていない。同級生の美女(黒木メイサ)に惹かれている。静流は「いつか私がすごく大人の女になって現れて、付き合わなかったことを後悔するよ」と言うが、誠人は取り合わない。


悲恋、という展開を予想もしていなかったので、「あら、そうなるんだ」とちょっと残念。
この二人の雰囲気が、観ている方もとても心地よく感じられたので、もうそのままハッピーエンドでいいじゃないの、と思ってしまった。
玉木宏は活発な女の子に振り回される役がほんとによく似合う。
ラストの宮あおいのセルフポートレイトは、とても美しい。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。