猫になりたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタスティック・カップル



あー、すごい面白いドラマだった~。韓国ドラマのラブコメディーって、本当に良いのが多いなぁ。
しかもこのドラマは、私が子供の頃非常にはまって何回観たか分からない位に繰り返し観た『潮風のいたずら』というアメリカ映画のリメイクなのである。
私は子供の頃から、ラブコメ好きだったのだな・・・。

親の莫大な遺産を受け継ぎNYで暮らす在米韓国人のチョ・アンナ(ハン・イェスル)は贅沢三昧の生活に飽きて、夫ビリー(キム・ソンミン)が経営する韓国・南海(ナメ)のリゾートホテルにやって来る。
高慢セレブのアンナを怖がる夫やホテルの室長は大慌て。

一方、南海で小さな建設会社を営むチャン・チョルス(オ・ジホ)は、空港からホテルに向かうアンナが大雨の中、縁石に乗り上げて困っているところに出くわし助ける。
しかし誤解からシャベルで殴られ、挙句稼いだお金を持ち逃げされてしまう。

その後も何度か再会するも、アンナにいつも手ひどい目に合わされるチョルス。
ビリーは積年の恨みが爆発して、アンナに離婚を切り出してしまう。怒ったアンナはクルーザーで夜の海に一人で出かけ酔っ払い、足を滑らせて海に転落してしまう。

一切の記憶を失ったアンナを病院で見つけたチョルスは、今までの恨みを晴らそうと、恋人と偽って三人の甥が待つ自宅にアンナを連れ帰り、家政婦として1カ月働かそうと企むのだが・・・。


2時間くらいのあの映画を、よくぞここまで面白く膨らませたなー、と感心。
チョ・アンナはチョルスが勝手に名づけたナ・サンシル(私喪失)という名前になって生活するのだけど、記憶は失くしても高慢セレブの精神は抜けてなくて、家事はさっぱり出来ないし態度はでかい。
本当にこの男と付き合っていたのかしら?と思いながらも、実際非常に良い男なチョルスに惹かれている様子がとってもいい感じ。
亡き兄夫婦の残した甥っ子たちを育てながら働いている田舎のガテン系青年チョルスは、相当にいい男です。

ちょっと元気を失くしている週末に観たんだけど、とっても明るい気分になれた。
オススメだ~。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。