猫になりたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハードキャンディ



今年のオスカーで主演女優賞にノミネートされたいたエレン・ペイジ。
彼女の2005年度の主演作です。日本の女子高生によるオヤジ狩りにヒントを得たのだそう。

14歳のヘイリー(エレン・ペイジ)と32歳のカメラマン・ジェフ(パトリック・ウィルソン)はネットのチャットで知り合い、会う約束をする。
売れっ子カメラマンのジェフは物腰の柔らかい好青年で、そんな彼の誘いに応じて、郊外の彼の自宅に無防備についていくヘイリー。
ヘイリーの作ったソルティドックを飲んだジェフは気を失う。
目が覚めると、彼は両手両足を縛られ身動きが取れない状態になっていた。
別人のような表情のヘイリーは、彼を「小児愛者」「変態」と蔑み、「あんたを去勢してやる」と言うのだった。

ひえ~~。
実際に去勢シーンがあるのだけど、怖くて早送りしたので何がどうなったのかはさっぱり分からず。
でも、ジェフが「良かった、ついてた・・・」と後で言っていたので、実際には行われなかったのかな?? 一体彼が何をしたんだ~、って位のいじめようなんだけど、徐々にこの男がどうしようもないエロ変態であり犯罪者であることが判明し、このヘイリーは世を代弁して彼を制裁しに来た女の子ってことなのかな、などとどうにか合点をしようとする。

でも、ちょっと無理かも。彼女がなぜそこまでしているのか、説明がなさ過ぎである。
エレン・ペイジは全然美しくないのだけど、こういう女の子こそ化ける、って雰囲気の顔をしている。
『ジュノ』が楽しみである。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。