猫になりたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人教授/佐藤正午


スポンサーサイト

シェイム


アフターダーク/村上春樹


鈴木先生



映画版だけど、クレジットは「12」とされていて、ドラマの11話からの続きとして存在しているみたい。

ドラマに大ハマりしたのは1年以上前で特に観返したりはしなかったけど、すんなりとこの不思議な作品に入り込めた。
長谷川博己さんを大画面で初めて見たけど、ほんとにキレイな顔。

私お気に入りの紺野君があんまり登場しなかったのだけど、してたらやっぱり目で追ってしまう。
贔屓の子役さんである。
最後にしっかりとこけてくれて、かなり満足でした。(これ分かる人少なそう)

出水くんの演説、とても良かった。
あんな風に周りの大人に言われて、しっかり切り返せるなんてすごいなー、と単純に感心してしまった。
彼が実際に生徒会長になって、あれやこれや悩んだりするんだろうけど、きっと正しい道を自分なりに見つけて成長していくんだろうなー、と思って嬉しい気分。
あんな子、めんどくさそうだけど(おっと)でも実際に自分の子だったら可愛くてしょうがないだろうな。

映画館でわざわざ観なくてはいけない類の映画ではないのかもしれないけど、今後DVDが出たら何度か観返したいとは思う。

マリリン 7日間の恋



この映画も観たかったんだ。

で、観終わってみて、期待していた程何も残っておらず、「はて?私はなんでこの映画を観たかったのだ?」と考えてみると、もう単純にミシェル・ウィリアムズがどんな風にマリリンを演じたのかを観たかったのでした。
ショートカットが似合う女優さんに弱いのだ。

マリリン・モンローの作品、まともに通して観たことがなくて、特にこれといった思い込みがない状態で、彼女と10歳近く年の離れた男との7日間の恋を見ても、まああんまり面白くはなかった。

精神的に色々参ってて薬のお世話になり仕事も遅刻しまくり、でもスクリーンに映ってみるとやっぱりものすごく魅力のある、というマリリンに私が感情移入するポイントは特にないのだが、更にこの23歳の主人公男子。
彼も映画の仕事がとにかくしたーーい、と制作の現場に飛び込むんだけど、実際はとっても金持ちの家のおぼっちゃまで、こいつにも感情移入ができない。

エマ・ワトソンが出てて、やっぱりオーラがあるなー、と思った。

何だろう、やっぱり映画って映画館で集中して観ないといかんなー、適当な状態で適当に観るのではいかんわ、と改めて思う。

ドライブ



結構評判が高く、ずっと観たいと思っていた映画。
DVDでようやく観賞。
以前観たイーサン・ホークの『その土曜日、7時58分』に雰囲気が似ている。

『ドライブ』というタイトルがとっても似合う映画。
ライアン・ゴスリングが運転ばっかりしてて、バックミラーに彼の顔が映るというシーンが多い。

表情がほとんど変わらない顔でずーーーと運転してる。(つまようじくわえて)
こういう何考えているのかよく分からない男(もちろんイケメンね)が、ほんの束の間、恋して優しい表情になって、子供と笑ったりすると、もう女はキューンとなりますな。

ライアン・ゴスリングが良い。そしてキャリー・マリガンも私好きだから、この映画は演者を見てても楽しいのだが、やはり私、暴力描写苦手。何度も観たくはないかも。

モーテルでどうしようもないとは言え二人を殺してしまった主人公の、
「もう戻れない」という顔。なんだか印象に残った。

ヘヴン/川上未映子



川上未映子さん、私にとっては3作目。
『乳と卵』『すべて真夜中の恋人たち』を読んだ。
全て違った文体で、それでいて読みやすいし文学的で、すごく力のある人なんだろうなー、と思う。
ついでに美人で才能に溢れ、私と同年生まれ。
ああ、なんと小憎らしいことか。(羨ましいという意味だ)

かなり陰湿ないじめを受け続ける中学生の男の子が主人公。
彼の机に入っていた手紙。「わたしたちは仲間です」
差出人のコジマはクラスメイトの女子で、不潔な服装であることから、彼女もまたいじめを受けていた。
二人は文通を始め、時々非常階段で会い、その存在を心の拠り所にしていく。

コジマはとっても独特の感性を持っているのだが、彼女が主人公に向かってだーーっと話すセリフが良い。
そして時々、「うれぱみん」とか言ったりするのが可愛い。(うれしい時に出るドーパミンのことだそうです)

最後の方、どんどん追い詰められていく二人の描写がしんどいのだけど、ラストは若干救いが。

主人公の継母。
彼が6歳の時に父と再婚した母だけど、彼女の存在が良かった。
年齢的にはきっと30代半ば位?私位か。
ほとんど家に帰ってこない父との関係はすっかり終わっていて、ほとんど子供と二人で暮らしているようになっていて、いずれは離婚するのかもしれない。
この人、このまま子供を育ててくれるんじゃないかな、と思ったけど、それは理想でしかないかなー。。。

そんな感想を抱いて、その他の人たちの批評ブログなど読むと、もっとこの小説には語られていることがあって(例えば善と悪のそもそも論とか)、私って読み方浅いなー、ということを実感。

いやしかし、この人の本は今後も読んでいきたいと思う。

神の子どもたちはみな踊る/村上春樹



新年始めての読了本は村上春樹の短編。
友達の家に年末泊まりに行った際、本棚に見つけて、何となく1篇を読んでみたら面白くて。
そのまま借りてしまいました。

1995年1月17日の神戸の大震災のその後がテーマになっている。
一番好きだったのは最後の『蜂蜜パイ』
関西出身の主人公が早稲田大学に進学し、そこで友達になった男女との三角関係。
(早稲田って名前出てたか分かんないけど、多分そうなんだろう)

これは村上さんのこと?と思ってしまうような主人公設定であるが、雰囲気がアメリカ映画みたいだった。

『かえるくん』も面白かったな。
片桐さん、名前が一緒なだけだが、ずっとラーメンズの片桐さんを想像しながら読みました。

「ねえ、かえるさん」
「かえるくん」とかえるくんはまた指を一本立てて訂正した。

この繰り返しが面白い、村上春樹の文体が好きだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。