猫になりたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やわらかい生活



以前読んだ絲山秋子「イッツ・オンリー・トーク」が原作。

続きを読む

スポンサーサイト

それでもボクはやってない



フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、就職面接に向かう満員電車で女子中学生から痴漢の容疑をかけられる。身に覚えのない徹平だが、駅事務局に連れて行かれ、そのまま警察署に。無実を訴えるが、まるで相手にされず拘留、ついには起訴されてしまう。


続きを読む

カンバセーションズ



20代前半で出逢い恋に落ちて、短い結婚生活も送った男女(アーロン・エックハートとヘレナ=ボナム・カーター)。男の妹の結婚式で、二人は再会する。女はイギリスに戻り年上の男性と結婚している。男にはダンサーの若い恋人がいる。二人はお互いの心を探りつつ、やはりホテルの部屋に向かう。


続きを読む

君とボクの虹色の世界



冬の終わりかけ、春の空気をなーんとなく感じて、不思議ないい気分になることがある。そのいい気分というのは、なんというかうまく言葉では表現出来ないような、妙な気持ちよさ、なのである。
そういう感覚がこの映画を観ていて、描かれているような気がした。そのものずばりを描いているのではなく、そういう「感覚」を。

レンタルやで、何となく手にとって借りてしまった予備知識ゼロの映画だったけど、私の直感はどうやら正解だったようです。

続きを読む

幸せのポートレイト



原題の「the family stone」とはどういう意味だろう?「家族の中にあるわだかまりの石」とかいう意味なんだろうか。とか考えてたけど、単純に家族の苗字がストーンなんだった。


続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。