猫になりたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラドックス13/東野圭吾



3月13日午後1時13分13秒。その時から13秒間だけ時空に歪みが生じ、宇宙全体が13秒遅れる。

その時刻に一瞬にして人間は消え去った。
しかし十数人の人間だけが生き残り、わけがわからないまま、どうにか生き延びようとする物語。

「漂流教室」に設定がよく似ている。
最後の男女の出会いの場面。ドラマの「漂流教室」のラストシーンを思い出した。
あのドラマはまったよなー。すごい面白かった記憶が。。。もう一度観たくなった。

今生きている現実とは違う世界を生きるもう一人の自分。
東野さんの作品で、「パラレルワールド・ラブストーリー」というのがあって、これもそういった題材で描いていたけど、自分が別の世界で違った人生を生きている、ってことを妄想すると何だか現実のしんどいこととか悩み事がぱっと霧散するように思えるから不思議だ。

東野作品に当たり外れの多い私だけど、今回は中間位の面白さだった。
気になる点がいくつかある。
主人公たちが生き残った理由を考えれば、日本中にまだまだ沢山の生存者がいるはずなんだけど、何だか彼らは当たり前のように東京の中でのことしか考えていない。
まあ、それもしょうがない状況だったのかもしれないけど、なんとなくその辺のことがあっさりスルーされ過ぎている気が。

かなり過酷な状況に置かれる登場人物だけど、もっと人間の汚らしい部分が描かれてもいいはず。
そうなる前にストーリーは閉じられる。
汚らしい状況を読むのは辛いけど、それを描いて欲しかったようにも思え、何だか勿体無い気が。

なんにせよ、もう一度読み返せば、面白さは倍増するかもしれない。
読み返さないけど。

スポンサーサイト

夜明けの街で/東野圭吾



東野圭吾の作品には、アタリハズレが激しくあると思うのだけど、これは確実にハズレでした。
不倫がメインテーマなんだけど、「結局何が描きたかったんだ??」という読後感。
結婚、というものがとてつもなくひどい代物だ、失敗だと言う主人公たち。
そして、結局、それが覆される瞬間もなく結末。
読みやすいからすらすら読めちゃうけど、なーんかね。

手紙/東野圭吾


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。